読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第39回「歳月」を見て。

昌幸さんがご退場してから10日程。

「昌幸ロス」からようやく脱出できました。

草刈さんの演技が素晴らしかったのと「真田昌幸」という昔から大好きな武将ということで、いずれ来るものと分かっていたものの心にぽっかり穴が開いたような感じでした。

自分がいかに真田丸に夢中になっているかを再確認させられました。

そんな昌幸の想いを受け継いだ信繁は今後どのようにして「日の本一の兵」と称されるまでなるのか。また兄・信之との絆、兄弟愛はどう変化していくのか。三谷監督はあと残り10回ほどでどこまで盛り込んで下さるのでしょう。自然と期待が高まります。そして・・・期待以上のものを与えてくれると信じております!

 

 

では本編へ。

 

まず昌幸さんの「兵法奥義」。

全部こんな感じ?の件も良いのですが、見直して少し気になることが・・・

パソコンも無い時代によくもまぁああも正確に▲や■など綺麗に描け、また正確に配置出来たものです。

前回この「兵法奥義」を描いてる描写がありましたけど、目分量で描いていたようでした。

ということは、昌幸さんは手(というより絵心でしょうか?)も常人より優れていたということでしょう笑

凡人の私にはとても真似できませんね笑

 

場面は変わり、真田兄弟が酒を酌み交わすシーン。

父に愛されていたのはお前だと互いに言い合う二人は実に仲が良いように思います。

親兄弟が裏切り裏切られの戦国と言う世では中々稀有な兄弟だったのかもしれませんね。

そんな兄弟の片割れ兄・信之が名言を言っておりましたので少し触れさせていただきます。

「子育てはそれぞれに合ったやり方を見つけるしかない」と。

ホントその通りです。他人はおろか兄弟姉妹で同じやり方が通用しないのが「子育て」ですからね。

全く別の育て方をして全く同じような性格に育つこともありますしね。

昌幸さんには是非とも「子育奥義」もしたためて欲しかったな・・・

また、その後の信繁と息子・大助との囲碁のやり取りも良かったです。

中々見てるこっちが温かくなるシーンでり、同じ父親として色々と来るものがりました。

 

それにしても今回は長閑なシーンが続き、たまに「真田丸」を見てることを忘れてしまいそうになりました(忘れそうに、です。忘れてはいません。ここ大事です笑)。

信繁の畑仕事をする姿、信繁の商いをする姿を真田丸で見るときが来ようとは、2・3回前までは想像もしていませんでした。

とはいえ、これから来る最終章「大坂の陣」編を前にクールダウンの回としてとても良かったです。合戦が始まったら最後までノンストップになるでしょうから。

また秀次さんの娘「たか」が再登場。何やら性格も大分変わっており、もう春さんを振り回す振り回す。火箸?を持った時の春さんの目はマジでした笑

それに春さんときりさんの関係もここに来て劇的に変化。真田丸の春さんは何というか、誰かに依存してないといけない性分なのでしょうか。そしてこの度めでたく、その依存の相手にきりさんも含まれた、とそういうことなのでしょうかね。

 

何というか、ごちゃごちゃに絡まり合った糸(信繁の周りの人間関係等)を大坂の陣が始まる前に全部解くための回だったのでしょうか。

見直したら何だかそんな気がしてきて、とてもスッキリしました。

これで大坂の陣を思う存分楽しめそうです。

 

そして、いよいよ今回の最後に信繁に迎えが。

いよいよ!いよいよですよ!!

 

 

・・・それと、次回のタイトルがまさかの「幸村」。

何だか胸躍るタイトル。次回がとても楽しみです!

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

次回から最終章。ものすご~~~く楽しみです!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

↓お気軽に↓

真田丸第39回「歳月」

前回予告で「全部こんな感じか?全部こんな感じです」と真田兄弟がやり取りするシーンがあり、気になってました。そしたら・・・

「兵法奥義」という昌幸さんが残された兵法書

どんな内容なのかというと文章は無く(無いように見えた)記号のみ。

はっきり言って解説が無いと分からんな。

確かにこれは「全部こんな感じなの?」と聞きたくなります。

 

それにしても今後の展開「大坂の陣」に対して、今回は何とも穏やかな内容でした。

見てて自然と笑顔になる、そんな回でした。

私の日々の苦労も洗われるようです。

 

今回真田紐が登場しました。

以前真田家ゆかりの地を観光した時、何となく目に付き何となく買った(しかも沢山笑)のを思い出し、倉庫をひっかきまわして探しました。・・・が、見当たらない泣

今まで存在を忘れていたのに、無いことに気付いてしまうと欲しくなる。まぁ多分どこかにあるのだとは思うのですが・・・

そのうちまた観光に行くでしょうから、その時に買うとしましょう。

 

・・・それと、今回きり氏と春氏の関係に劇的な変化が起きました。

まさかの展開に正直焦りました。

そして・・・自分が何に焦っているのか分からないことにさらに焦りました笑

ただ納得だったのは「もう菩薩の境地」というきりさんの言葉。

確かにこの状況で九度山に残っていられるきりさんは「菩薩」と言っても良いと思います。

 

それではいつものように、見ながらツイートを貼って締めます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

ホント穏やかな回でした。心が暖かくなりましたよ。次回から最終章の様子。テンション上がりますね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

⇩お気軽に⇩

真田丸第38回「昌幸」を見て。

真田昌幸紀州九度山に死す。」

今年の初めに第1回が放送されてからもう38回目(OPの音楽聞き過ぎて、真田丸の事を考える時必ずあの音楽が脳内再生されます笑)。

登場しない回は無かった(ちゃんと確認してないので定かではありませんが多分汗)昌幸さんがとうとう逝かれた。まぁ分かってはいたものの、いざその場面が来ると何とも切ない。もう昌幸さんは出て来ないわけですからね・・・

その圧倒的な存在感で「真田昌幸=主人公」と言う感じでした(真田丸では真田家が主軸のようなので、昌幸さんが主人公というのも間違いではないかな)。

1話に約10年分の内容が詰め込まれていた。合戦のようなスピード感は無かったけど、でもおかげでじっくりと鑑賞出来た。

そして昌幸さんの最期のシーン。やはり「御屋形様~!!!」と言って逝った。期待を裏切らない演出に脱帽です。

 

 

では、そろそろ本編へ。

 

真田親子(昌幸と信繁)、会社内(日ノ本)で狸上司(家康)と別企画(関ヶ原の戦いにて西軍に付いたこと)を立ち上げる。

良いところ(第2次上田合戦で勝利)まで行くものの、取引先の担当者が態度を急変させる(秀秋さんの裏切り)。

結果、狸上司の企画の方が取引先に気に入られてしまい、狸上司の企画が採用され(東軍勝利)狸上司を怒らせる。

そして、とうとう九度山支部へ左遷されてしまう。

狸上司の怒り凄まじく、中々怒りは収まらない様子。

同じ部署の真田家長男が幾度となく宥め、社内(本多正信)でも「もう許しても良いのでは?」との声が上がるが、一向に怒りは収まらず真田親子が戻される気配は微塵もない。

そんな中、新たな企画(大坂の陣)を部下(信繁)に託し、とうとう真田昌幸が定年を迎える(天寿を全うする)。

果たして、昌幸が託し信繁が洗練させた企画(大坂の陣)は今度こそ狸上司を打ち破れるのか。

 

 

・・・逆に分かりにくい!!汗

(〇〇)が多過ぎて、かなり見難い!汗

困った。書き始めた時は良いアイディアが浮かんだぜ!とか思っていたのに。

どうしてこうなった。

・・・まぁ良いや。折角だから、これはこれで良しとしよう。

 

 

では、あと部分的な所を。

 

まず信之さんが捨てた「幸」の字について。

昌幸さんが信繁さんに「幸の字もらってくれ」と頼むシーン。

「おっ!もしかして幸村か!?」と思ったら、「幸・・・信繁」って、誰が喜ぶんだ・・・

信繁さん困り顔で「考えておきます。」と返してるけど、内心絶対嫌でしょ笑

でも、もしかしたら大坂の陣の時に「父に捧げる」とか言って、「幸村」を名乗るなんてこともあるかもしれない。

史実とは異なるけど、そうなったら嬉しいね。

 

きりさんについて。

春さんが信繁に対し、きりのことを「あの人はどうでも良いのです、負ける気がしないから」と。

信繁が「お梅ちゃんもいたし」と言うきりに対し、「お前はいっつもいるなぁ・・・」と。

等々、皆の扱いがどんどん悲惨なことに。でも何故だか笑える。これが「長澤さんが演じる「きり」」ということなのでしょうか笑

笑わせ要員の本多忠勝がご退場されたので、もう一人の笑わせ要員であるきりさんには今後も頑張って頂きたいものです。

 

稲さんについて。

来た当初近付くだけで「人を呼びますよ!?」と言っていたのに、それが今では「全ては真田のためでございます!!!」と。これも信之さんの人柄故なのでしょう。あれこれ境遇が悲惨だった信之さんもこれでやっと救われるな。・・・と思いきや、今度は稲さんの尻に敷かれている。

あぁ、なるほど。これが信之さんの定位置なのね笑

 

加藤清正について。

真田丸の清正さんの死因の演出は素晴らしかったと思います。

これも一つの解釈ですし、三成の最期の言葉を胸に秀頼を最期まで守ろうとした姿は尊敬できますね。

ただ、少し出しゃばり過ぎた感が否めません。

もっとうまく立ち回れば違う展開も期待できたでしょうに・・・

とはいえ、史実では清正さんは徳川方として徳川と豊臣の会見に臨んでいるはずですので、実際の死因はやはり謎ですけども。

 

最後に。

見事最後まで「真田昌幸」を演じきった草刈さんに惜しみない拍手を送らせて頂きたい。

先週色んな所で「さらば昌幸」という言葉を見て聞いたが、納得の演技でした。

草刈さん、お疲れ様でした。

・・私も「昌幸ロス」に陥りましたよ。ここまで感情移入した作品初めてです。素晴らしかったです。

 

 

・・・あと、予告の「全部こんな感じか?」「全部こんな感じです。」のやり取りが気になる。

何がこんな感じなのだろう。気になる気になる。

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第38回「昌幸」を見て。の感想でした。

いよいよ大坂の陣か。どのように演出して下さるのでしょう。楽しみです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

⇩お気軽に⇩

真田丸第38回「昌幸」

今回の1話で約10年分の時間が進んでしまった。

もうちょっと九度山の生活が見たかったような?でもさっさと大阪の陣が見たいような?現在そんな何とも言えない心境。

加えて戦国最強?の父「真田昌幸」がとうとう逝ってしまった。

さらに戦国最恐(笑)の父「本多忠勝」も同じく。

あとは豊臣秀次豊臣秀吉石田三成大谷吉継加藤清正、、、等々。有名どころだけでも多く挙げられる。そんな色んな場面で胸を熱くさせてくださった人物達がこぞって退場していく。

悲しいね。

それだけ時代が進んでいるという事であり、またクライマックスにどんどん近付いて行っているということ。

そう思うと感慨深いものがある。・・・が、しかし、やはり哀しいね。

 

と、さらに蟄居を命じられた時の石田三成加藤清正への言葉。

あの言葉が今回とうとう明らかに。まぁ、あの場面で言うとしたらそれ系だろうなとは思っていたが、もしかしたら違うかも?と思っていたので良かった良かった笑

 

あと、あれだ。

いよいよ、きりさんの真田丸での扱いが悲惨なことになってきた笑

正直可哀想だ。・・・が、何故か笑えるので不思議。笑笑笑

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

偉大な父がご退場なされた。寂しくなりますね。。。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

⇩お気軽に⇩

真田丸第37回「信之」を見て。

タイトルにもありますが、今回の終わり辺りから真田信幸ではなく、いよいよ真田「信之」となります。

次回からしばらく誤変換に気を付けないといけません笑

ただ、家康から改名を強要された時の信幸さんの心境を考えると笑ってばかりもいられないのですけどね。

ホント信幸さんは災難続きですよね~。一つ問題が無くなればまた新たな問題が出て来て。

大泉さんの演技もあり正直かなり面白いのですが、だんだん可哀想な気持ちの方が勝ってきた今日この頃です。

恐ろし過ぎる舅、何故か声の届かない祖母、心を開かない嫁、前妻が使用人?に、等々やっとのことで解決したというのに、今までで一番の問題「改名強要」が発生。これはキツイ(もっとも、史実では徳川への感謝を表すために自発的にしたようですけどね)。真田丸真田信之はいつになったら心が休まるのでしょうかねぇ。。。

 

 

信幸さんの事はこれくらいにして、本編へ。

真田はまたしても徳川を打ち破る。・・・なのに、徳川に負けた。「勝負に勝ち、試合に負けた」ということ。大勢の人・多くの勢力が加わってるからこその状況。

とはいえ、認めたくないですよ。自分達は勝ったのに自分は勝ったのに、実際の状況は「敗北」。簡単には認められないですよね。。。

 

最初に書いたように、真田信幸が父と弟の助命嘆願をするシーンへ。助命は成るものの「幸」の字を捨てろと言われる。もう一度書きますが、見ててキツかった。珍しく忠勝さんが真面目(ホントはいつも真面目なのかな?笑)な感じで、婿のために主に逆らったのは見事でした。素晴らしかったです。

まぁその前の「おぉ~い」「何故私(大井)の名を?」の件では笑わせてもらいましたけど笑

養生中の昌相さんの姿も見れました。相変わらずの姿に思わず苦笑しましたね。

 

上田を出る時のシーン。

見送る側に感情移入してしまい、思わず目頭を熱くさせてしまいました。どんな時も残される側というのは辛いものです。

 

負けた真田と勝った徳川の対面。

これはもう「家康の嫌がらせ、ここに極まる」って感じでした。「死よりも苦しい仕打ち」、「理不尽の上乗せ」って何ですか?ただの嫌がらせじゃないですか。「今後一切の戦に出る機会を奪う」って戦場で輝くタイプの昌幸さんには確かに死よりも苦しいな。つまりは、ここまで「真田昌幸」という人物を恐れているということ。家康という人物を良く表現されてると思います。三谷監督グッジョブです笑

もっとも、昌幸さんからしたらいい迷惑でしょうけどね。何て言ったって、真田は徳川に2度勝っているのですから。まぁだからこその状況ですけども。

 

 

金吾(小早川秀秋)さん。

「金吾様の裏切りが無ければ石田治部は勝っていた」と片桐さんがおっしゃってました。実際のところは分かりませんけど、西軍が負けた理由の一つではあります。それもかなり大きな理由。

そんな金吾さんはこの時点で既に罪の意識に苛まれており、21歳で亡くなってしまう。それ程に悔やんでいたのでしょう。

なら裏切らなければ良かったのに・・・と言いたくもなりますが、そうしなければならない状況だったのでしょう。責めるなら、そんな状況にしてしまった西軍ですかね。・・・いや、誰が悪いとかって問題でもないですね。

 

 

最後に、大谷吉継石田三成の最期の描写。

実に潔い、見事な最期でした。カッコよかったです。・・・前回の記事でも書きましたけどね笑

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第37回「信之」を見て。でした。

とうとう九度山まで来てしまいました。次回でかなり刻が進む様子。もしかしたらあと2・3回で大坂の陣が始まるかもしれないですね。楽しみです。今度はガッツリ描かれるでしょうからね笑

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

良かったらフォローしてやって下さい。

 

⇩お気軽に⇩

真田丸第37回「信之」

天下分け目の大戦・関ヶ原の戦いもとうとう終わってしまいましたね。

関ヶ原の戦いの様子が全く触れられなくてふて寝してから一週間笑

気付けば日曜日になっており、前回の感想の記事を書くのをすっかり忘れておりました汗

自分でも気付かない程にショックを受けていた様子。

とはいえ、いつまでもそうしているわけにもいかないので気持ちを切り替えていくことにします。

全て含めての「真田丸」ですからね。このままだと真田丸を楽しめなくなりますし、それはアカンので笑

 

 

関ヶ原の戦いの様子は描かれなかったものの、石田三成大谷吉継の最期はきちんと描かれました。

両人ともに潔く、またカッコいい最期でした。

特に三成さんの最期の表情上手かったです。山本さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

次いで、徳川家康真田昌幸の対面。

家康さんの嫌な感じが見事に演出されていました笑

まぁ気にしていなければ放っておくもの。それが理不尽を上乗せしようとするということは相手を恐れている証拠であり、また勝てなかったことへの嫌がらせでもあるわけで、何とも天下人らしからぬ行動。それだけ徳川家康にとって嫌な存在ということか。

大坂の陣に昌幸さんがいたら・・・とつい考えてしましますね。

 

最後に、真田信幸の昌幸・信繁の助命嘆願のシーン。

笑わせ役の忠勝さんが映っているのに笑えるところが全く無く、違和感が凄かったです(代わりに、その後の「おぉ~い」のシーンでクスッとさせていただきましたが笑)。

そして、「幸」の字を捨てろと言われた時の信幸さんの心情は計り知れないものがあるでしょうね。場面を見ながら何とも言えないイライラ感が私に沸き起こっておりました笑

正に「勝者が正義」を体現してるシーン。信幸さんは敗者ではないものの、これは・・・可哀想ですね。仕方のないこととはいえ、さぞキツかったことでしょう。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第37回「信之」の取り急ぎの感想でした。

タイトルにあるように今回から真田「信之」に。次回以降書き間違えないようにしないと汗

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓※良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

⇩お気軽に⇩

真田丸第36回「勝負」

いよいよ関ヶ原の戦いが始まった!

ワクワクしながら見て最初ツイートするの忘れてたし汗

と、思ってたら終盤で描写もなく関ヶ原の戦いが呆気なく終了。

「・・・えぇ!?」というのが本気の感想。

まぁ、予告を見る限り次回で本戦に触れるようだけど一話丸々関ヶ原の戦いなんてことにはならないだろうから、多分期待してたほどのボリュームにはならないのだろう。

とはいえ今年の大河のタイトルは「真田丸」。真田家は関ヶ原の戦い本戦には関わっていないのでね。こうなっても仕方ないとは思いますので、次回に期待して今日はもう寝ます!泣

そして気持ちを切り替えて、真田がガッツリ関わる「大坂の陣」に焦点を移すとしますかねぇ~。

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

いよいよ関ヶ原の戦いが始まりましたよ!そして、終わってしまいましたよ・・・

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓※良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

⇩お気軽に⇩