読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

秀次が不憫でならない、真田丸第26話「瓜売」を見て。

際立ったのは「秀次」の様相。

自分と秀吉に嫡男が生まれ慌てふためく。

天下人秀吉は我が子を後継者にしたがる。

誰でも思いつく話だ。

天下が定まったとはいえ、まだ戦国の世に片足突っ込んだままの状態の時代だ。

同じ状況になれば秀次でなくとも狼狽することだろう。

子供に罪は無いというのに生まれただけで罪になるとは何とも腐った時代だ。

秀次の一言が象徴している。

「我が子が死んでホッとした。」

当時本人が言っててもおかしくない言葉だが、戦国乱世の先の時代がこれで良いはずがない。

やはり「関ヶ原の戦い」が勃発するのは運命だったということなのだろうな。

 

関白(秀次)から側室への誘いを受けた「きり」。

心の中には信繁が居るため即答出来ない。

父に聞いて、と場を濁し帰省。

父を誤魔化し、父に反対されるという大義名分を得て再び秀次の元へ。

中々に強かな女性だな。実際はどうだったのだろう。気になる。笑

 

きりのライバル「春」初登場。

大谷吉継の娘で将来の信繁の正室。

登場シーンではお転婆な感じだったが今後どのように信繁と関わらせていくのか、気になるところだ。

 

今話のタイトルでもある「瓜売」

昌幸のふて腐れっぷりが凄い。

見てて可哀想だった。

折角猛練習したのに披露出来ず、ババ様からも「うるさい」と言われもう散々だ。

ホント可哀想過ぎる。

そして家康の腹は出過ぎ。笑

 

真田の「ババ様」。

真田家の精神的支柱。

ナレーションをキャンセルするという離れ業をやってのけた強者。

ずっと聞こえていない設定で押し通してきた信之の言葉が実は聞こえていたと初めて明かす。

そして「運命に気付くか気付かないか、それだけだ。」という言葉を信之に贈る。

・・・良い言葉だ。

そして信之・信繁兄弟に最後の言葉を贈り背中を押す。

「怠るな。ババは見ているぞ。」

実際に言われたら涙が出そうな言葉だ。

でもそんな強者なババ様でも「関ヶ原の戦い」はキャンセル出来ない。

そして信之・信繁兄弟は関ヶ原の戦いの時敵味方に分かれてしまう。

何とも悲しい運命だ。。。

 

そして最後の場面で「豊臣秀頼」がとうとう誕生。

間違いなく、これが豊臣の天下の分水嶺

秀頼が生まれなかったら秀次の人生は華々しいものだったであろうに。

秀頼が生まれてこなかったら豊臣の天下はもっと続いたかもしれないのに。

または秀頼がもっと早く生まれていたら、秀吉が亡くなる前に大人になっていたら、大名達の心は離れなかったかもしれないのに。

 

ここからの秀次の人生は悲しいだけだ。

せめて真田丸でくらい、秀次の最後を報われるような演出で飾って欲しい。。。 

それにしても悲しい時代だな。

 

以上「真田丸第26話「瓜売」を見て。」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter