読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

豊臣政権の崩壊が始まる、真田丸第28回「受難」を見て。

バラバラな天下を一つにすることと一つになった天下を維持すること。

一つにする方が大変なように見えて実際には維持する方が大変なのだろうな。

そして豊臣秀吉が天下を統一しその後2代目の秀頼で豊臣の天下が終わってしまったのは、家康と違い跡取りがいなかったことだけが原因ではなさそうだ。

今回はそう思わせる内容だった。

 

今回のメインは「2代目関白・豊臣秀次」の最期。

加えて真田信幸。

大きくはこの二人か。

・・・いや、「きり」も重要かな。笑

他に大谷吉継豊臣秀吉の体調不良も始まる。

まさに「豊臣政権崩壊の序章」みたいな回だった。

石田三成の苦悩は計り知れないな。

 

 

では内容に。

秀次が公務を放棄するところから始まり秀吉は激怒。

まぁこれで怒らない方がおかしいのだけど。

それにしても可哀想なお人だ。

「生まれ変わるなら2度と叔父上の甥にはなりたくない。」

この一言で全てが分かる。

決して凡愚ではない秀次が切腹を決意するに至った状況のイカレ具合がよく分かる。。。

もっと互いに腹を割って話せていたら、そういう間柄だったら、もっと別の結末があったかもしれない。

悲しいものだな。。。

ただ最期はそれなりに満足のいく演出だった。

それだけが救いかな。

 

そして信幸の境遇。

本人も言っていたが、「何故か自分の声が届かない祖母、大き過ぎる父、自分とは違い父寄りな弟、全く心を開こうとしない嫁、恐ろし過ぎる姑」等々。

全くもって笑えない。

一国の主になる条件を付けられてもお断りしたいような状況。

信幸が不憫だ。泣

加えて信幸の前妻(こう)と後妻(稲)の二人。

今回ちょっと衝突した。

今後どのような展開に演出するのか、楽しみだな。

てゆうかこうさん、身体が弱い設定は何処に?汗

 

吉継がとうとう体調を崩す。

吉継が万全のままだったならば三成と二人で秀吉亡き後の豊臣の天下の寿命をもう少し伸ばせたかもしれない。

とはいえ、体調不良をおして今後もまだまだ活躍するのだけど。

凄いお人だ。

それに引き換え真田昌幸の妻は何と情けないことか。

笑える新事実が発覚。

嘘は良くありませんね、嘘は。笑

 

そして最後に「きり」。

思い人からのいきなりの「結婚(正室・側室の2連撃)」の報告。

きりでなくとも叫びたくなるよね。。。汗

ところでこの「きり」さんですが、一応設定では側室になるらしいのですがどのようにしてここから側室なんて話になるのか、色んな意味で楽しみです。笑

もうちょっと厚遇されても罰は当たらないと思いますけどねぇ。。。

 

・・・あっ、そうそう。

徳川の跡取り「徳川秀忠」が初登場。

何か、、、なよっちぃ第一印象だったな。。。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、豊臣政権の崩壊。。。な真田丸第28回「受難」を見て。でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter