読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

豊臣の天下の先が徐々に見え始めた真田丸第29回「異変」について。

今回はまず信繁と春の結婚から始まった。

めでたい話から始まったのだが、次の場面に移ったところから何かおかしくなった。

真田昌幸の妻、つまり信幸と信繁の母親が元々語られていた出自はデマで実際にはただの侍女だったという。。。

次女じゃありません、侍女です。・・・笑えます。公家の出ではなかったのですよ。。。

と、侍女の話はこの辺で笑

 

信繁には梅という妻がいたわけだがおこうさんが口を滑らし梅の名を春が知ってしまう。

信繁は梅の事を隠さず伝え普通なら怒りそうなものの春は受け入れる。

隠さず伝えた信繁は男らしく、また受け入れた春は器が大きい、、、ように見える。

その辺が今後どのように演出されるのか。

もしかしたらもう触れられないかもしれないし、後で噴火するかもしれない。

それに天然だ。「何処へ行ってもウザがられるきりさん」と本人に向かって言うとは。。。

面白い!実に面白い!!笑

色々な意味で楽しみだ笑

 

そして秀吉がおねしょするシーンが衝撃的だった。

確か前回の大河ドラマ「官兵衛」でも秀吉がおかしくなり始めるお知らせのように「おねしょ」のストーリが組み込まれていた。

「異変」を知らせるにはもってこいな話だが、2年連続でおねしょって笑える。

秀吉が可哀想だ。

とはいえ、事実を隠すためとはいえ生贄にされた片桐さんの方がより可哀想だ。

・・・老いというのは日ノ本を統一した天下人にも等しく訪れる。だからこそ自身が亡くなった後のことを考え行動しなくてはならない。だが、秀吉に子供が秀頼が生まれるのが遅すぎた。老いてからの子供というのは親を狂わしやすい。特に自身が天下人なんて立場なら尚の事だ。色々と手を打つ前に親自身がおかしくなり、結果きちんと段取りを組む前にこの世を去ってしまう。幼い我が子の行く末を心配しながらこの世を去ることになった秀吉の心境は同じ親として分からなくはない。秀頼がもっと早く生まれていたら、、、「鶴松」が死ななかったら、、、そんな風に思ったであろうことは簡単に想像出来る。実に可哀想な方だ。秀次も可哀想だったが、秀吉も別の意味で同じくらい可哀想な方だ。。。

この年老いた秀吉を見て「次はわしの番」と思ったのか家康の瞳に野心の炎が宿る。

対してそんな家康に危機感を持つ三成。

両者の対立の始まりはこの頃から既に始まっていたのかもしれない。。。

 

最後に真田昌幸と信幸。

昌幸さんが腐る気持ちも分からなくはない。

チャンスさえあればもっと上に行けたかもしれない。

運も実力の内というならば真田昌幸には実力が無かったということになるけど。。。

さらに頑張って築城した伏見城地震で崩壊して一からやり直しに。何ともまぁついてないとしか言いようがない。

そして信幸。

おこうさんと稲さんの二人が懐妊。

色々と不運続きなお方。

とりあえずはおめでとうと言わせてもらうが、これがまた新たな災難にならないと良いけどな笑

加えて信幸の「徳川につく」という言葉。

この頃から既に兄弟で別の物を見ていたのかもしれないな。。。

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

このようにどんどん盛り上がってきた真田丸

今後どのように関ヶ原の戦い、大阪冬・夏の陣に繋げていくのか。

益々見逃せないな!

以上今回はこの辺で。

 

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter