読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第30回「黄昏」の取り急ぎの感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都知事選。

事前に把握してたのにうっかりしていた。

以前の選挙戦の時のように見逃さないようにと親切な方が直前に教えて下さったので、今回は見逃さずに済みました笑

助かりました。感謝感謝m(__)m

 

では感想に。

老いから「死」の恐怖に呑まれ段々とやることが苛烈になっていく秀吉。

そんな自分の死後の秀頼の事が心配で片っ端から秀頼の事を頼んで回る秀吉。

頼めば頼むほど「私は誰も信じていない」と言っているようなものだが、我が子が5歳では親としてそれも致し方ないことか。

 

そんな秀吉の死期を悟り計略を巡らせ始める徳川陣営。

最近切れ者としての顔が全く見えなくなったが、それでも真田昌幸を脅威とみなし刺客を差し向けるところとかアツいな。

ここで真田昌幸を亡き者に出来ていたら、この後の趨勢も大分変わっていたかもしれない。

・・・もしかしたら関ヶ原の戦いが起きなかったかも。

 

そしていよいよ上杉が会津に。

秀吉に「家康を見張れ」と直々にお願いされる。

義に篤い上杉家。

ここから直江状を家康に叩きつける流れに繫がるわけだ。

・・・アツいな!

 

最後に真田源次郎信繁。

ずっと傍で仕えていた秀吉に「知らん」と。

老いとはいえこれはキツいな。。。

しかしその後に初対面の時のことを秀吉が思い出す。

これは信繁にとって何よりも嬉しいだろうな。

この辺は流石だよ、三谷さん!

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、「真田丸第30回「黄昏」の取り急ぎの感想。」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

後日詳しく書いたものを再度アップ予定。

どうぞよろしく。

 

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter