読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第31回「終焉」の取り急ぎの感想。

相も変わらず面白かった、真田丸第31回「終焉」。

今回も色々とありました。

まずは放映中のツイートから⇩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のメインは、主要人物の2名が脱落したことでしょう。

1人目は天下人「太閤秀吉」。

信長を追いかけ信長に続き、終には信長を越した豊臣秀吉

時代を大きく動かした人物の最期としてはいささか侘しい気もするが、それだけ平和だという事か。

とはいえ、秀吉の死が次の騒乱の幕開けにもなるのだけどね。

最後まで実子秀頼の事を気にかけていた。親の鏡だ。・・・いや、ちょい過保護か。

印象だったのが意外にも「茶々」。鶴松の死の時のように老いて変わり果てた秀吉の姿を見て北政所の懐で再び嗚咽を漏らす。この演出は中々良いですね。

逆に男達は何をやっているのか。

三成が徳川牽制のため秀吉に遺言を書かせ、不満の徳川は独断で再度秀吉に遺言を無理矢理書かせ、それを知った三成も徳川の書かせた秀吉の遺言に無理矢理言葉を追加させる。眠いと言った秀吉に怒鳴る始末。現代とやってること同じだが、この時代でも有り得そうで怖いな笑

 

2人目は真田昌幸の懐刀「出浦昌相」。

秀吉からの徳川暗殺を真田昌幸に打ち明け、表面上では断りながらも動くことを決意した昌幸により徳川暗殺を命じられる。・・・生きて帰ることも命じられながら。

しかし運悪く徳川の元に真田信幸が「恐ろしすぎる舅・本多忠勝」の事で徳川家康の元を訪れていた。

そして屋敷内で鉢合わせ隙を作ってしまう。

そこを背後から忠勝に切られ致命傷を受け最後は自爆。

自分がいなければ・・・と信幸が思ったかは分からないが、正体を隠すために自爆するとは流石だ。「生きてこそ」なんてのは現代の話。

真田昌幸出浦昌相の両名の絆は凄く故に悲しい。

どちらも漢を見せた回でした。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第31回「終焉」を見ての取り急ぎの感想でした。

今回も面白かった。というか面白くない回が無い。回を重ねるごとに面白さが増していく。・・・まぁクライマックスに向かっているのだから当たり前って言えば当たり前なのだけど汗

ということで、今後も益々見逃せない!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter