読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

とうとう徳川が動き出す、真田丸第31回「終焉」を見て。

徳川勢の動きが活発化。

秀吉の死期が迫ると「次は殿の番、次は殿の番」と家康を炊きつける。

もっと上手くやることも出来そうなもんだが、自分達の自信の表れか隠そうともしなくなる。

そのため三成は秀吉の遺言で5人の老衆と5人の奉行衆の合わせて10人の合議制とし、家康の好きにはさせないように雁字搦めにする。

さらに三成が直々に「お一人の考えでは動くな!」と家康に念を押す始末。

これはいつゴングが鳴ってもおかしくない状況。

とはいえ、これは皆が(三成自身も)秀吉の次の天下人が家康だと認めているようなもの。

今後の流れはなるべくして為ったようなものということか。

 

そんな三成のやり様に反発し家康が動く。

現代でも度々見受けられる遺言応酬。

三成が書かせた秀吉の遺言を家康勢が新たな遺言で上書きさせ、さらにその遺言を今度は三成が新たな遺言で修正する。・・・醜い争いだな。

加えて、いつものことながら責められる片桐さんが可哀想。

天下人秀吉がまるで皆のおもちゃのよう。眠いと言う秀吉に「眠くない!」と言い放つ三成など最たるもの。これでは誰が偉いのか分からんなぁ笑

それに、老いた姿を見せたくないと秀吉に秀頼を会わせようとしない茶々さん。

その考えは母親としてなのか、家康と同じく次の天下を狙う者としての考えなのか。

後々に大坂の陣が勃発したのも頷けるというものだ。

 

・・・そして家康を邪魔に思っている者達が他にも。

優れた資質を持ちながらチャンスが中々無かった真田昌幸出浦昌相

そこに自身の死後の不安から家康排除を秀吉から命じられた三成が昌幸の元を訪れる。

元々機会があれば動こうと思っていた昌幸は表面上では拒否しながらも裏では昌相に家康暗殺を命じる。

・・・これが成っていたら今後の展開はどうなっていたのか。歴史が好きな者として考えずにはいられない。もっとも歴史に「もしも」はあり得ないのだけどね。歴史は全て「為るべくして為った」だからな。

結局昌相の家康暗殺は失敗。それも昌幸の子である信幸が家康に助言したことが失敗の原因。

これで昌幸は昌相を失うこととなる。ダブル昌もとうとう解散。

 

今回気になったのは小早川秀秋

燭台の火を消すなという秀吉の言いつけを守る皆をよそに火を消してしまった秀秋。

関ヶ原の戦いで西軍を裏切ることとなる秀秋。

何か被るんですけど笑

三谷さんの演出かな?毎度中々おもろいことをしてくれる。

 

そして今回の最後でとうとう最期を迎えた秀吉。

「つゆとおち つゆと消えにし わが身かな なにわのことも 夢のまた夢」

これは豊臣秀吉の辞世の歌と言われてる。

はかない身の上で今また露のようにはかない最期を迎える。天下人として栄華を極めたが今となってはむなしい。

こんな意味だったかな。

何とも可哀想なものだね。。。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

毎回盛り上がっていく真田丸。どこまで盛り上がるのだろう。逆に心配だ笑

今後も益々見逃せないな!

以上今回はこの辺で失礼を。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter