読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第32回「応酬」の取り急ぎの感想。

いよいよ徳川家康VS石田三成の様相が固まり始めた。

あと何回で天下分け目の「関ヶ原の戦い」に突入するのだろう。楽しみだ。

ではTwitterのツイートから⇩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何というか、徳川家康石田三成との力量差が9:1くらいで三成さん可哀想。

本人はただただ秀吉からの恩義に報いるため、豊臣の天下の事しか考えていないのに。。。

もっと周りを見て頼ることが上手だったら今後の展開も違うのだろうけど、そうはならないからこそ「家康VS三成(関ヶ原の戦い)」が勃発し、当然の帰結であるように味方(それも秀吉の身内)に裏切られ天下分け目の決戦が約半日で終戦するっていう結果になってしまったのだろう、、、けど。役者さん達の良演技も相まって、もう見てるこっちが辛いっすわぁ~。。。

ここからの関ヶ原の戦い大坂の陣へと繋がっていく流れや時代背景・関係する人々の思惑を分かった上で見ているため、ここ数回の真田丸は何とも言えない気持ちで見守っていますよ。

まぁそれでも凄く面白いってことは揺るがないのだけどね!

 

・・・それと出浦昌相さん、生きておられた。前回の最期を見るに亡くなったと早とちりをしてしまっていた。いやぁ~良かった良かった。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第32回「応酬」を見ての取り急ぎの感想でした。

毎回書いているけど、今回も凄く面白かった。次回もさらに面白いのだろう。

・・・まぁクライマックスに向かっているのだから当たり前って言えば当たり前なのだけど。

ということで、今回の取り急ぎの感想終わり!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter