読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

徳川VS石田の始まり、真田丸第32回「応酬」を見て。

盛り上がってきましたね~!

秀吉が亡くなり、いよいよ徳川家康VS石田三成の形が形成され始める。

と言っても、前々からそうなってはいましたが。。。

それにしても天下人・太閤秀吉が亡くなった直後からこれですか。

これは秀吉の不手際か、あるいは家康の器が大き過ぎたのか、はたまた三成が不器用だったからか。・・・いや、全てか。「為るべくして為った」というのが歴史ですからね。かつて信長と家康が会ったその時からこの流れは始まっていたのかもしれませんね。もしくはもっと前からかな。後の世から全体像を見ると面白いな。○○の時の○○の出来事があったから~みたいな?歴史を勉強してるとこの辺を考えるのが楽しくなり我を忘れて調べたのを覚えていますよ。学校の勉強が次の時代に移っているのにずっとその時代(興味のある時代)の事ばかり勉強してましたね。ある時代(興味のある時代)の時は100点で、またある時代(興味のない時代)の時は赤点ぎりぎりとか?教師に色々と言われたものです笑。・・・いや、笑えないか汗

 

脱線してしまいましたので本編に戻しまして。

まず出浦昌相の件。

前回の終わりから亡くなってしまったものと思い史実を捻じ曲げたなぁと思っていたけど、亡くなってはいなかった様子。

ただ相当重症らしく復帰は難しそう。

と見せかけて、速攻全快して昌幸さんを戒めに来そうですけど。笑

また活躍を見たいものですね。

それと何一つ手がかりを残さないところは流石「素破」というところかな。

 

そして、襲撃主の手がかりを必死で探す徳川勢。

どうせ命を狙われるならいっそ天下を、と本多正信が家康に進言。

くどい!と切り捨てる家康だが、ここまで来ると当人の思惑は最早関係ないのよね。。。

あれよあれよと状況は動き否応なしに天下を目指すこととなる。

トップに立つというのはいつの時代も大変だねぇ。

そして今の時代でもよく聞く言葉「忘れておった。記憶にないのぉ。」。いつの時代もこれらの言葉が横行する。力ある者が使うと厄介この上ないな。

また世継の秀忠が頼りなさそうな感じに演出されてて、この辺は家康が可哀想。

ここからどう成長させるのだろうか。

三谷さんの演出に期待です。

それからお笑い要員の本多忠勝

信幸の事を5周りくらい勝手に過大評価し勝手に納得してしまいましたよ。

悩みに悩んだ信幸の心境は「俺の心労は何だったんだ。。。」これに尽きます笑

 

さらに、前回の終わりにとうとう亡くなってしまった秀吉。

日ノ本一の景色を見た人の死後の状況としては何とも不憫。

死を伏せられ葬儀は先延ばし、当然埋葬もされず甕に塩漬け。・・・漬物か!

あまりにも可哀想で見てて思わず気分が落ちましたね。

死後のことをきちんとしておかないとこうなるのか。

いやはや、、、今の時代にも通ずるところがありますね。

ちなみに描写は無いけど本来ならあの甕にどのように突っ込まれてるのだろうか。

想像すると何か怖いんですけど。。。

 

で、自信満々の石田三成

聞いてて思わず吹いたのだけど「私はほとんど間違わぬがたまに間違える」ってどんだけ自信家なのでしょう。

すでに秀吉の死後の状況として間違っているのですが、それは「たまたま間違ってしまった」ということですか。

間違っちゃいけないところで間違っておりますよ、三成さん!笑

でもその後に信繁に「遠慮なく申してくれ」と言ったことで、不器用なりにも信頼できる仲間には頼ることが出来るようでようやく人っぽい部分が見れた感じ。

他の人にも同じように接すればもっと状況は良くなるし、仲間も増えるのだろうに。勿体ないな。。。

ちなみに、もう一つ吹いたところがある。

信繁に「石田様にしか出来ぬこと」と言われたときに即答で「私もそう思う」と。

どこまで笑わせてくれるのか。おかげで固くなり過ぎずに肩の力を抜いて見れるので助かります笑

それに前田利家

唯一徳川を抑えられるだけの力を持つもののかなりの高齢で実際に床に臥せっている状況。

利家がもう少し若くて徳川を抑えてくれていたら、、、と考えたのは一度や二度ではありません。

加えて、加藤清正

帰国後すぐさま三成に突っかかる。戦疲れを癒す名目の酒宴でも突っかかる。突っかかりながらも「共に秀頼公をお支えしていこう!」と言う。

この頃の二人はまだ同じ方向を見ていたわけです。

なのにどうして!と思わずにはいられません。

 

そして、くたびれても「帰りたい。。。」と嘆いても「切れ者・真田昌幸」。

家康が嫡男秀忠を江戸に返した意図を瞬時に見抜く。

「信長の二の舞を防ぐため。親子共々討たれることを防ぐため」と。

やはりこの人は凄いな。腐っても見るべきところは見てる。もっと活躍して欲しいものです。

 

そして最後に秀吉の遺言に違反した家康を責めた時の家康の物言いに何も言い返せぬ他9人達。

「家康1人の力>他9人の合力」の力関係がよく分かる。三成への挑発の仕方も上手い。

そしてまんまと乗ってしまう三成。口で勝てぬからと力技(夜討ち)に出る。これではダメだと分かっているでしょうに。。。

 

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

毎回盛り上がっていく真田丸。どこまで盛り上がるのだろう。今後も益々見逃せない!

以上今回はこの辺で失礼を。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩