読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第34回「挙兵」の取り急ぎの感想。

最近真田丸を見ようとテレビの前をセッティングすると下の子が全力で阻止してくる。

そして始まった後もちょくちょく視聴の妨害をしてくる。

おかげで最近放映時は集中して見れない。。。泣

 

 

では感想を⇩

関ヶ原の戦い」の幕開けとなる「直江状」がとうとう家康に叩きつけられた。

内容が読み上げられていたけど凄い笑えた。

実際も似たような内容だったはずだけど、よくもまぁあれだけつらつらと挑発できるものだ。兼続さん、あなた御屋形様の世話でやつれてたんじゃなかったの?って感じ笑

また信繁を懐柔しようとする家康に真っ向から否定してみせる信繁は流石の一言。

これは「大坂の陣」を見越しての伏線か。

これでいよいよ三成VS家康➡三成達VS家康達となった。

これは次回以降も面白いこと間違いなしだな!

 

・・・それにしても、信幸が父に従うと言ったのにはびっくりだった。

まぁ予告を見るに後々態度を変えるのだろうけど、一度は父に従うことを選んだわけか。面白い演出だったな。

 

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第34回「挙兵」を見ての取り急ぎの感想でした。

毎回書いているけど、今回も凄く面白かった。次回もさらに面白いのだろう。

・・・まぁクライマックスに向かっているのだから当たり前って言えば当たり前なのだけど。

ということで、今回の取り急ぎの感想終わり!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩