読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第35回「犬伏」を見て。

現状は「関ヶ原の戦い編」とでも言えば良いでしょうか。

少し前から関ヶ原の戦いの雰囲気が漂い始めて、先週辺りから一気に加速している感じ。もう面白くて大変。最近は日曜日に見て、さらに水曜・木曜辺りに再度見て2度楽しんでいます。

1・2度見ただけでは全く飽きないから不思議。他のドラマとか一度見たら(最近は忙しくてドラマ見てないんですけどね。。。)再度見ることは稀なのに、真田丸に関しては時間を無理矢理作ってじっくり鑑賞する始末。それだけ歴史が好きってことなのでしょうねぇ。

こうなってくると来年の大河が心配になってきます。・・・まぁ私が心配したところで何の意味もないのですけども笑

 

 

では、そろそろ本編へ行かせていただきます。

まずもって稲さんの変貌ぶりに思わず苦笑い。

最初があれでしたのでね笑

変われば変わるものです。信幸さんの肩の荷も一つ降ろせたという所でしょう。

 

次いで信繁の回想シーン。

大阪城天守閣を見上げ秀吉との出会いを思い出す。さらに茶々との出会いも。

それらを思い出し信繁は何を想うのか。豊臣への忠義か、秀吉への恩か、あの頃は良かったという感傷か、はたまたそれら全てか。

そしてこの時の信繁の心中は穏やかなのか荒れているのか。純粋に気になりますね。

 

次いで大谷吉継石田三成の絆の深さが見られるシーン。

徳川方として動いている吉継の元に「こちらについて欲しい」と三成が単身で訪れる。

そんな三成に泊まっていけと言い、吉継は部屋で一人考える。「・・・あの漢が来るのを待っていたのかもしれんな」とそっと呟く。そして三成を呼び「勝てるか分からんと弱気なことを口にするな」と一喝する。挙兵するからには勝て!と。それは三成の求めに応じたと取れる言動。それを認識した三成は静かに涙を流す。そこからのシーンは胸が熱くなりましたね。特に最後の「治部殿、わしがお主を勝たせてみせる!」と言う場面では思わず「おっしゃー!!!」と立ち上がってしまいましたよ笑

 

次いで大阪城で今後の流れを話し合う場面で一人浮かない顔の金吾さん。

表情のみの演技はかなり難しいと思いますが、表情のみで不安を表している。演技上手ですね。流石は2回続けて金吾さんを演じてるだけあります。まぁ今後の行動を想うと何とも複雑にはなりますけどね。

 

次いで石田側が諸大名から人質を取るシーン。

人質になるくらいなら自害しろとガラシャ(玉)に伝えていた忠興(旦那にそう言われるってどんな心境?それがまかり通る時代か。最低だな。。。)。

よって人質から死者が出る。ここから少し雲行きが怪しくなる。

ここにいては命が危ないと稲が危機感を募らせ、沼田に逃げることを決意。

 

次いで大阪で小早川・宇喜多が挙兵。・・・昌幸さんが言うように早すぎるんですよね~。これだけの人数が動いていては、思い通りに事を進めるのは難しいでしょうけどね。。。

 

そしてタイトルにもある「犬伏」。そこで今後の話し合い「犬伏の別れ」が起こる。

流れが変わり戦が長続きしそうな状況となる。そこで今後どうするかを話し合うわけですが、如何せん昌幸は「信玄公からの恩」に囚われ過ぎており甲斐・信濃を取り戻すことに執着し過ぎている。そこを息子達に一喝され目が覚めるって感じかな。昌幸は「良き息子を持った!」と何度か口にしているが、本当にその通りだな。

で昌幸・信繁は豊臣側に、信幸は徳川側にそれぞれ付くこととなる。これでどちらが勝っても真田の血は残ることになる・・・わけですが、兄弟で戦う事になるのに敢えてそれを選択した信幸の心境は如何程のものか。生半可な覚悟ではなかったことでしょう。「全ては真田のため」と、そういう事なのでしょうけどねぇ。

そして信幸の「私は決めました。私は決めました父上。私は決めたぁ~!」のシーンでおぉ~と感心し、その後の「豊臣が勝ったらあらゆる手を使って俺を助けろ!徳川が勝ったらどんな手を使っても二人を助けてみせる!!」「例え豊臣と徳川に別れても真田は常に一つです!!!」という言葉に思わず感動し、その後の「背水の陣」の話のシーンで笑ってしまった。

それにしても、流れも言われるセリフも大体分かっているのにそれでも感動させられるとは。そして笑わせてくれるとは。さすが真田丸。さすがは三谷監督。

私をどこまで楽しませてくれるのか!?次回が待ちきれ~~~ん!

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第35回「犬伏」を見て。でした。

いよいよ関ヶ原の戦いが始まりましたよ。やっとですよ。待ってましたよ。おかげで最近毎日楽しいです!笑

以上今回はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

⇩お気軽に⇩