読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第37回「信之」

天下分け目の大戦・関ヶ原の戦いもとうとう終わってしまいましたね。

関ヶ原の戦いの様子が全く触れられなくてふて寝してから一週間笑

気付けば日曜日になっており、前回の感想の記事を書くのをすっかり忘れておりました汗

自分でも気付かない程にショックを受けていた様子。

とはいえ、いつまでもそうしているわけにもいかないので気持ちを切り替えていくことにします。

全て含めての「真田丸」ですからね。このままだと真田丸を楽しめなくなりますし、それはアカンので笑

 

 

関ヶ原の戦いの様子は描かれなかったものの、石田三成大谷吉継の最期はきちんと描かれました。

両人ともに潔く、またカッコいい最期でした。

特に三成さんの最期の表情上手かったです。山本さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

次いで、徳川家康真田昌幸の対面。

家康さんの嫌な感じが見事に演出されていました笑

まぁ気にしていなければ放っておくもの。それが理不尽を上乗せしようとするということは相手を恐れている証拠であり、また勝てなかったことへの嫌がらせでもあるわけで、何とも天下人らしからぬ行動。それだけ徳川家康にとって嫌な存在ということか。

大坂の陣に昌幸さんがいたら・・・とつい考えてしましますね。

 

最後に、真田信幸の昌幸・信繁の助命嘆願のシーン。

笑わせ役の忠勝さんが映っているのに笑えるところが全く無く、違和感が凄かったです(代わりに、その後の「おぉ~い」のシーンでクスッとさせていただきましたが笑)。

そして、「幸」の字を捨てろと言われた時の信幸さんの心情は計り知れないものがあるでしょうね。場面を見ながら何とも言えないイライラ感が私に沸き起こっておりました笑

正に「勝者が正義」を体現してるシーン。信幸さんは敗者ではないものの、これは・・・可哀想ですね。仕方のないこととはいえ、さぞキツかったことでしょう。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第37回「信之」の取り急ぎの感想でした。

タイトルにあるように今回から真田「信之」に。次回以降書き間違えないようにしないと汗

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓※良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

⇩お気軽に⇩