読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第37回「信之」を見て。

タイトルにもありますが、今回の終わり辺りから真田信幸ではなく、いよいよ真田「信之」となります。

次回からしばらく誤変換に気を付けないといけません笑

ただ、家康から改名を強要された時の信幸さんの心境を考えると笑ってばかりもいられないのですけどね。

ホント信幸さんは災難続きですよね~。一つ問題が無くなればまた新たな問題が出て来て。

大泉さんの演技もあり正直かなり面白いのですが、だんだん可哀想な気持ちの方が勝ってきた今日この頃です。

恐ろし過ぎる舅、何故か声の届かない祖母、心を開かない嫁、前妻が使用人?に、等々やっとのことで解決したというのに、今までで一番の問題「改名強要」が発生。これはキツイ(もっとも、史実では徳川への感謝を表すために自発的にしたようですけどね)。真田丸真田信之はいつになったら心が休まるのでしょうかねぇ。。。

 

 

信幸さんの事はこれくらいにして、本編へ。

真田はまたしても徳川を打ち破る。・・・なのに、徳川に負けた。「勝負に勝ち、試合に負けた」ということ。大勢の人・多くの勢力が加わってるからこその状況。

とはいえ、認めたくないですよ。自分達は勝ったのに自分は勝ったのに、実際の状況は「敗北」。簡単には認められないですよね。。。

 

最初に書いたように、真田信幸が父と弟の助命嘆願をするシーンへ。助命は成るものの「幸」の字を捨てろと言われる。もう一度書きますが、見ててキツかった。珍しく忠勝さんが真面目(ホントはいつも真面目なのかな?笑)な感じで、婿のために主に逆らったのは見事でした。素晴らしかったです。

まぁその前の「おぉ~い」「何故私(大井)の名を?」の件では笑わせてもらいましたけど笑

養生中の昌相さんの姿も見れました。相変わらずの姿に思わず苦笑しましたね。

 

上田を出る時のシーン。

見送る側に感情移入してしまい、思わず目頭を熱くさせてしまいました。どんな時も残される側というのは辛いものです。

 

負けた真田と勝った徳川の対面。

これはもう「家康の嫌がらせ、ここに極まる」って感じでした。「死よりも苦しい仕打ち」、「理不尽の上乗せ」って何ですか?ただの嫌がらせじゃないですか。「今後一切の戦に出る機会を奪う」って戦場で輝くタイプの昌幸さんには確かに死よりも苦しいな。つまりは、ここまで「真田昌幸」という人物を恐れているということ。家康という人物を良く表現されてると思います。三谷監督グッジョブです笑

もっとも、昌幸さんからしたらいい迷惑でしょうけどね。何て言ったって、真田は徳川に2度勝っているのですから。まぁだからこその状況ですけども。

 

 

金吾(小早川秀秋)さん。

「金吾様の裏切りが無ければ石田治部は勝っていた」と片桐さんがおっしゃってました。実際のところは分かりませんけど、西軍が負けた理由の一つではあります。それもかなり大きな理由。

そんな金吾さんはこの時点で既に罪の意識に苛まれており、21歳で亡くなってしまう。それ程に悔やんでいたのでしょう。

なら裏切らなければ良かったのに・・・と言いたくもなりますが、そうしなければならない状況だったのでしょう。責めるなら、そんな状況にしてしまった西軍ですかね。・・・いや、誰が悪いとかって問題でもないですね。

 

 

最後に、大谷吉継石田三成の最期の描写。

実に潔い、見事な最期でした。カッコよかったです。・・・前回の記事でも書きましたけどね笑

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

以上、真田丸第37回「信之」を見て。でした。

とうとう九度山まで来てしまいました。次回でかなり刻が進む様子。もしかしたらあと2・3回で大坂の陣が始まるかもしれないですね。楽しみです。今度はガッツリ描かれるでしょうからね笑

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

良かったらフォローしてやって下さい。

 

⇩お気軽に⇩