読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第38回「昌幸」

今回の1話で約10年分の時間が進んでしまった。

もうちょっと九度山の生活が見たかったような?でもさっさと大阪の陣が見たいような?現在そんな何とも言えない心境。

加えて戦国最強?の父「真田昌幸」がとうとう逝ってしまった。

さらに戦国最恐(笑)の父「本多忠勝」も同じく。

あとは豊臣秀次豊臣秀吉石田三成大谷吉継加藤清正、、、等々。有名どころだけでも多く挙げられる。そんな色んな場面で胸を熱くさせてくださった人物達がこぞって退場していく。

悲しいね。

それだけ時代が進んでいるという事であり、またクライマックスにどんどん近付いて行っているということ。

そう思うと感慨深いものがある。・・・が、しかし、やはり哀しいね。

 

と、さらに蟄居を命じられた時の石田三成加藤清正への言葉。

あの言葉が今回とうとう明らかに。まぁ、あの場面で言うとしたらそれ系だろうなとは思っていたが、もしかしたら違うかも?と思っていたので良かった良かった笑

 

あと、あれだ。

いよいよ、きりさんの真田丸での扱いが悲惨なことになってきた笑

正直可哀想だ。・・・が、何故か笑えるので不思議。笑笑笑

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

偉大な父がご退場なされた。寂しくなりますね。。。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

⇩お気軽に⇩