読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第40回「幸村」

いよいよクライマックス「大坂の陣」が始まりました。

実際はまだ始まっていませんが、信繁の元に使者が来たのでもう始まったようなものです。

まぁ最初は行かないと断りましたが、それで終わるはずもなく次回で大阪入りするのでしょう(多分)。

楽しみです!

 

そして、家康の狡猾さ、豊臣方の迂闊さ、信繁が今まで関わった方達の言葉を思い出すシーン、そして最後はババ様の言葉で締める等、今回色々と盛り込まれておりましたが、それら全て霞んでしまいました。

そう、まさかの「幸村」の名が登場です!

数回前の記事で「大坂の陣で父・昌幸に捧ぐと言って信繁が幸村を名乗るかも」と書きましたが、大河ドラマは大体史実に沿うので流石に「幸村」の名は出て来ないだろうなぁ、、、と書きながら思っていました。

それが前回最後の予告で次回のタイトルが「幸村」となっており、どんなふうに使われるんだろうと思っていたら、ガッツリ使われる様子にマジでビックリです!

これは一ファンとして相当嬉しいです。いやホント嬉しい!

幸村は邪道って言う人もおられるようですが、私が真田家の事を知った時(確か何かの漫画で)は真田の次男は「幸村」となっており、他の色んな漫画やドラマでもそうなっていましたので、しばらく間違ったままでした。

なので、信繁が本名と知った後(高校の日本史の授業だったかな?)も頭のどこかでは「幸村が本名だぁ~!」と思っている自分がいたので、真田丸で幸村の名が使われたのはホントに嬉しい。

 

では、いつもの放送中のツイートを貼っていきます↓

本編の感想は数日後に更新予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

「幸村」の名が大河で出て来て感無量です。もう言うこと無しです。今回は私の「幸村愛」を書いただけの記事となってしまいました汗

それと、「関ヶ原の戦い」が描かれなかったことをブーブー言ってたのは私じゃありません。あれは別人です。別人なんです!笑

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

↓お気軽に↓