読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第40回「幸村」を見て。

真田丸もとうとう40回目を迎えてしまいました。

つまり残りあと約10回。寂しいものです。ここまで夢中になれる大河ドラマは今後ないかもしれません(とか言って、次回作にもまたハマるんだろうなぁと思ってる私笑)。

初期の勝頼さんのご退場からたくさんの人物が作中でご退場になりました。

歴史物にはつきものですが、これもまた寂しいものです。

そして今後もどんどん退場される人物がいるわけです。・・・何とも言えない心境です。そんな心境で今回の第40回「幸村」を再度見ました。

「信繁➡幸村」の改名で無理矢理テンションを上げて寂しさを紛らわせているところです笑

 

 

では、本編へ。

 

まず最初に且元さんが信繁の元を訪れる。

大阪へ行ってくれと信繁に懇願するが、当の信繁は一蹴する。

それにしても毎度胃?をキリキリさせながら豊臣のために働いてきたというのに最終的に大阪を追われることになるとは・・・この方も三成さん同様報われないですねぇ。

おまけに追われながらも豊臣の事を思い信繁と密かに接触したというのに、当の信繁はまともに取り合ってくれないという始末。見ててだんだん可哀想になってきましたね泣

真田丸」では誰かのために必死で頑張った人は報われない設定になっているのでしょうかね?汗

・・・加えて、且元さんの「さらに事を大きくしてしまった」という言葉に対する信繁の「さらにですか?」と呟くときの表情。この憐れむような表情が何とも言えない。堺さん演技上手いですわ笑

 

次いで方広寺梵鐘の件について。

家康の豊臣を潰すための火種欲しさがよく分かる事件。

最初にこの事件の事を知った時はよくもまぁ見つけたものだと感心したものです。最初から指摘するところを探すつもりで見なければ気付かないでしょう。

もっとも、この事件を未然に防いだとしてもまた別の事で難癖をつけるはずですから。豊臣側はどうしようもないでしょうけども。

それと、回想の清韓のシーン。爆笑というわけではないものの、清韓さんの話し方とか面白くて癖になる。何か頭に残って嫌だ笑

 

そして且元さんとの対面が終わった後のきりさんとの会話。

きりさんは笑わせ役。それがとうとう覆された。

本心を隠し行かないと言い張る信繁を炊き付ける。立派に炊き付ける。

ここに来てきりさんが「笑わせ役➡炊き付け役」になるとは。

というか、大阪に行くことを決意するきっかけがまさかのきりさんの一言とは・・・

想像の斜め上過ぎる笑

 

今まで会った人達、かけられた言葉を思い出す信繁。それこそ色んな人達が出て来た。

そんな中最後を飾るのは「ババ様」。やはりババ様。ババ様最強だなぁ笑

 

最後に、「幸村へ改名」。

さすが昌幸さんの息子。何かを決める時は運任せ。それも自分以外の人に託す。八百万の神に託すと言えば聞こえは良いけど、重要な決定から逃げてるだけな気も・・・まぁそこは置いておこうか笑

あと、「村」の紙。散らばってた紙には無かったようなことを信繁が言っていたけど、これ見よがしに目の前に置いておいても良かったと思うけどな。

・・・「真田村幸」でなくて良かった笑笑笑

 

ということで、真田信繁からいよいよ「真田幸村」へと改名。

真田丸にまさか幸村の名が登場するとは思ってもみなかった。

嬉しい限りだ。

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

次回再び大阪へ。これで歴史の表舞台に舞い戻ることとなりますね。「日の本一の兵」と言われるまであと少しです。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

↓お気軽に↓