真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第41回「入城」を見て。

オープニングの真田信繁の後に(幸村)となっているのを見て、それだけで口角が上がってしまっている今日この頃です。

 

タイトル通り、今回より舞台を九度山から大阪へと移すこととなります。

いよいよ、という感じです。

大坂の陣」は冬・夏と2度あるわけですから2度楽しめるわけで、すごく楽しみです。

とは言え、私も隅々まで知り尽くしているというわけでは当然ないので、真田丸で楽しみつつ勉強しつつ、でもってさらに楽しむ、というところでしょうかね。

 

 

 

では、本編へ。

 

まず一言。

家康が秀頼に対し「大人しくしていればどこぞの一大名として生き延びられただろうに・・・」と呟いていた。

・・・なら大阪攻めを止めれば良いじゃん!というか、そう仕向けておいていまさら何を言っているのか、って感じですね~。流石は「狸」として名高い家康公。よく表現されていますね。

 

 

次にこれまた新たな悩みに悩まされている信之さんのこと。正確にはその息子達、信吉と信政のこと。

同じ両親・同じ育て方・同じ性別であっても真逆な二人になってしまうことがあるのが子育てと言うもの。

ましてや信吉と信政は異母兄弟。色々と違いがあっても仕方ないことだ。

さらに信政の方にはあの「恐ろし過ぎる舅」であらせられる本多平八郎忠勝の血が流れていますからね。武の面で兄より光るのは仕方ないかもしれませんね。

いつの時代も優秀な弟と優秀だけど弟には劣ってしまっている兄というのは中々難しいものがあります。皆が皆、信之・幸村兄弟のようになれるとは必ずしも言えないということですね・・・

まぁ、通常通りに兄・信吉が嫡男ということで決着しますが・・・これで終わりだと良いのですけどね。

それにしても出来た奥さんですね、稲さんは。うちの奥さんも・・・あぁいや何でもありません汗

 

・・・それと、信之さんの一言について。

「此度の戦、血で血を洗うような戦にはなるまい。小田原の時のように籠城での根競べとなるだろう」と呟いていました。

もしそうであったなら、今頃「大河ドラマ真田丸」は存在してないでしょうからね。何とも言えない心境です。

 

 

次に、九度山脱出について。

全村民を泥酔させて村を抜け出した、この頃の村民は皆が真田家に好意的だったので見て見ぬふりをした、浅野家は元々豊臣恩顧のためわざと警備を緩めた、等々色々と言われています。実際のところ腑に落ちない点もありますが、その辺はふんわりさせておいた方がロマンがあって良いかもですね。

あと、最後の「どうしてここだと思った!?」に対して「は?・・・は?」と答えた長兵衛さん。あれでは切られてもおかしくないと思ったのは私だけでしょうかね?

 

・・・プラス、2代目服部半蔵について。

良く出来た2代目って話だったけど、結局最後は「全力で押し通~る!!!」なのね笑

 

 

最後に、大阪城入城について。

まさか、老人を装って堂々と入城するとは驚き。三谷監督の演出が光りますね。流石です。

確かに相手を警戒させても得になることは一つもないですからね。

 

そして、秀頼や茶々との再会。

次回も楽しみですね!

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

いよいよ幸村が大阪入り。「日の本一の兵」まであと少し。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

↓お気軽に↓