読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸面白かったな。

毎回見てる真田丸の感想を。

真田丸第42回「味方」

大坂の陣、合戦開始を今か今かと待っている今日この頃な私。

豊臣方・徳川方が着々と合戦に向けて準備を進めている様子に焦れつつも満足しております。

 

それにしても「老い」というのは万人に等しく訪れるもので、天下人秀吉に続き、家康も老いに負け始めた。幸村の名や昌幸の死を一向に覚えられず何度も聞く姿は見ていられない。

でも真田の脅威は忘れていないので完全に耄碌したわけではないという事か・・・

それとも2度の敗北が精神的な部分に刻まれて忘れたくても忘れられないのか・・・

まぁ一言で表すなら「これはこれで可哀想」だということですかね。天下人と言っても所詮は「人の子」。う~ん・・・歳はとりたくないものです笑

 

その「老いてしまった家康」がとうとう駿府城を出て大阪に向かいました。

そして、豊臣方も苦労しながらもなんとか大将を決めて、やっと豊臣「軍」の形になりました。

・・・いよいよですね。いよいよ合戦が始まりそうです。予告の後の映像で真田丸の姿もちらっと見れました。合戦の光景も少し流れました。もう期待に胸が躍ります。

次回も楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:s2m-k2h5:20160530123324j:plain

豊臣方・徳川方、共に準備も整いつつあります。「日の本一の兵」まであと少し!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter↓良かったらフォローしてやって下さい。

河内 瞬@真田丸に夢中 (@rekishi_zuki) | Twitter

 

↓お気軽に↓